話題の作り方

気まずい状況



話題の作り方について考えてみます。


話題の作り方は、
シチュエーションによって異なります。



新しい職場の同期だったり、新入社員に対してだと、
「もう、仕 事には慣れましたか?」とか同じ目線や
相手目線で話を切り出すことができますし、
お互いが共通の話題なのですぐに 会話が続かなくなって
気まずいというような状況にはならないでしょう。



もし、以前から相手を知っている場合は、
相手の興味のある話題で自分も知っているような
事柄を選んで話すと良いでしょう。



相手の話を聞いて話を膨らませて行く方法です。



人を笑わせることが得意なら、
自分の話を聞いてもらうのもありです。



でも、あまり人を笑わせるのが得意ではないのに、
無理して話を盛り上げようとして空回りしたり、
単なる自慢話になったり、結局何が言いたいのか
分からない話になったりするのは避けましょう。



例え ば、引っ越したばかりでご近所付き合い
があるような場合は、天気や季節の話をしても
良いでしょう。



何も 深い意味のある会話が必ずしも
良いという訳ではありません。



会話は、コミニュケーションなのですから、
相手に伝わるような話題で失礼の無いような
事柄であればいいでしょう。



雑談が苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!

このページの先頭へ

海外ドラマゴシップ