話題づくりのコツ

使える会話


話題づくりのコツについてです。


話題豊富になるためには、
常に情報収集するのが必要です。



テレビ、新聞、雑誌、インターネットを駆使して
沢山のことに興味を持っているように心がけます。



また、営業職の場合は、お客様との話から
情報収集できることもありますので、他社に
訪問した時に、 使える会話もあるでしょう。



もちろん、どこで聞いたとか個人情報や
他の企業の情報が伝わるのはNGですので、
話すネタは、不具合が無いか考える必要が
あります。



訪問する前に、その 担当者やお客さんが
興味のあることをリサーチしておきましょう。



相手が興味の無い話をダラダラしても、
相手は面白くありません。



相手が是非、聞きたいと 思う話を想定して
調べたり、 何を話すか考えてから訪問すると
良いでしょう。



ただ、想定していた通りに話題が進まない
こともありますから、臨機応変に話題を
変えることも必要です。



話題づくりの一番のコツは、
話す相手に隠されている場合が多いです。



相手の話を聞けば、
どんなことに興味があるか分かります。



相手 の知りたいことの答えをリサーチしておいたり、
自分がその話題についてよく熟していること
会話が盛り上がります。



車が好きな相手なら車やドライブなどに
詳しくなったり、スポーツが好きな相手なら
そのスポーツに詳しくなっておくという感じです。



雑談が苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!

このページの先頭へ

海外ドラマゴシップ