宴会・飲み会での話題の作り方

苦痛に感じる
地獄のような宴の席



夏にはビアガーデン、冬には忘新年会など、
一年を通して楽しい宴に参加する機会は
多く巡ってきます。



しかし中には楽しいものばかりでなく、
あまり気乗りしない催し物もあるかと思います。



特に職場の取引先を交えての宴会や、できれば
関わりを避けたい上司のお誘いなど、人によっては
苦痛に感じる地獄のような宴の席に出くわすことも
あるのではないでしょうか。



そこで、そんな自分にとって
あ りがたくない宴会を少しでも楽しめるよう、
「宴会での話題の作り方」のポイント
紹介したいと思います。



宴の席で避けられないのが、
参加者とのコミュニケーションです。



この話題の作り方をマスターすることにより、
話題を次々繰り出すことができるので、参加者も
自分も退屈することなく楽しい時間を過ごすことが
できます。



●相手の得意分野に触れてみる。

取引先の人や初対面の人が相手の場合、
まず彼等の職業や得意と予測される専門的な
分野から話題を作ってみましょう。

相手にとって興味のあることや馴染み深い話題を
切り出してあげることで、自然と相手が会話を
すすめるようになります。


●招待された宴会場や、
出された料理について話題をふってみる。


どうしても話す内容が見つからない場合は、
この日招待された宴会場や出された料理について
話題を提供してみましょう。


「ここ、なかなか良い感じのお店ですね。
創業何年くらい経っていると思いますか?」

「この料理美味しいですね。
使われている素材は何でしょう?」


という感じに、何気ない話題を少しずつ
積み重ねることにより、 自然と会話が弾んでくるようになります。



雑談が苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!

このページの先頭へ

海外ドラマゴシップ