会話が続かないときの対処法

相手の事を真に考える



会話というのはキャッチボールです。


それで、相手に質問を投げかけて相手が
それに答えて、相手がさらにこちらに質問を
投げかけてということの繰り返しです。



しかし、社会不安障害を抱える方などの場合、
会話が続かないという傾向があります。



理由としては、会話の内容よりも、 自分の事が
相手にどのように思われているのだろうとか、
自分の視線が不自然になっていないだろうかとか、
周りの人が自分のことを変に思っているのではないだろう
かなどと、 会話以外の事が気になりだす場合が多いです。



そのために、会話が上の空になりだして、相手も
違和感が生じて会話が続かなくなってしまう事があります。



会話が続かない時の対処法として、
意識して会話に集中することができます。



相手とのコンタクトを適度に取ることが役立ちます。



視線を適切なものにしておく と 会話の内容に注意が保ちやすいです。



また、 相手の事を真に考える
相手への関心を払うという事が役立ちます。



こうすることで、
自分のことに過度に注意を向ける事が少なくなります。



相手に思いを入れすぎるのも重たいと
感じられることもあるので、リラックスして
会話するように意識しましょう。




雑談が苦手なあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!

このページの先頭へ

海外ドラマゴシップ